2014年06月23日

政治の力を過信してはいけない

 先日、私のことを師匠と呼んで慕ってくれている若い女性から、結婚しますとの報告をいただきました。私にとって大変感慨深いその知らせに、市役所での会議中にも思い出してはついニヤニヤしてしまいました。何がともあれ、人の幸せに触れて暖かい気持ちになれる、それを祝福できるということはとてもありがたいことです。
 以前、その彼女に「政治の役割と人々の幸福実現」についての関係を話したことがありましたが、いい機会ですのでこの点についての私の理念をお話ししたいと思います。

政治の力で人々を幸せにするという幻想
 見出しの通り、政治の力で人々を幸福にするなどという考えは幻想であり、おこがましいものである、と私は考えています。しかし、こう言ってはいささか失礼な表現になりますが、真面目で真剣に政治に取り組んでいる政治家の方々には、この幻想にとりつかれている方が多いと見受けられます(実際、これを話した何人かには怒られました)
 私の考える政治の役割は主に調整と決断です。まずは調整という考え方から説明します。

愛と調整と文化の力
 まず、人々を幸せにする力とは何でしょうか。「愛」の力だ、と言う方も多いと思います。かのマーガレット・サッチャーも、あるインタビューで自身の政治にとって何が最も大切な要素かと聞かれて「愛だ」と即答していました。
 しかしこの愛という力は実に力強く根源的なものであり、そして個人に直接作用する力でもあるため、そのままでは暴走したり衝突する危険を孕んでいます。
 禅問答のようになりますが、隣人を愛する心が平和を創り出すと同時に戦争も生み出します。なぜでしょう。
 例えば、愛する人が他人との利害の衝突の末に傷つけられたり失ったりした場合、その悲劇の向こう側の当事者に対して敵愾心が生まれ報復を求めるようになるかもしれません。そしてその報復を果たした時、それによって傷つけられた相手にもまた、その人を愛する誰かがいて報復を誓うかもしれません。
 多くの場合、愛する心が強いほどそれが及ぶ範囲は狭くなり、その心と心が何らかの形で衝突してしまった場合、報復合戦になる危険があります。
 ひとりの愛の心が世界の隅々まで届くなら、遍く人々に分け隔てなく愛を注げるなら、そしてそんな心を持つ人々で世界を満たせるならば、世界に平和が訪れるかもしれません。
 しかし、そんな偉大な聖人は渚の砂の一粒くらいしかいないように思われます。私たち人間の大部分は、手の届く範囲しか愛せない小さな世界の住人なのです。
 だからこそ、人々の利害が衝突したときには引き離して冷静にさせなければならないのです。そして、ただ引き離すだけでは解決しません。衝突した双方になんとか受け入れてもらえる案を提示し、引き合わせる必要があります。これが調整です。
 調整の結果、衝突していた双方は冷静さを取り戻し、とりあえずの争いはなくなったとしても、その双方に笑顔を取り戻すには足りません。争ってはいないが、よそよそしい見知らぬ他人同士になっただけです。
 人々に笑顔を取り戻すために最後に必要になるものは「文化の力」です。美味しい食べ物や飲み物でもいいですし、楽しい音楽や映像、踊りの賑わいでもよいでしょう。人々を楽しませ和やかに出来るものは政治ではなく、文化や芸術に類する力なのです。
 政治家諸兄には「私たち政治家は、最後の切り札だけは持っていない」ということを理解してもらいたいと考えています。

決断のという言葉の重み
 当事者が2者しかいなければ、双方をすっきりと和解させることも可能かもしれませんが、当事者が多数で利害の対立が複雑なものになった場合、全ての当事者を納得させることはできなくなります。しかし、とり得る選択肢が限られいる場合には多数の幸福のために少数の不幸を選択しなければならなくなることでしょう。この少数を切り捨てることが決断です。
 決断、というと物事を明快に決めて行動すること、のように思う方が多いと思いますが、それは決断という熟語の「決」の部分だけです。決断とは「決めて、断つ」つまり何かを切り捨てて前進するということなのです。
 少子高齢化という問題を例に考えてみましょう。この社会問題の当事者は、一方が子育て世代の家庭(予定者も含みます)であり、もう一方はご老人方です。この両者に対して潤沢な予算と人員(リソース)があるなら、それぞれについて必要な施策を行えばよいですが、現実のリソースは限られています。結果としてどこかに重点を置いてリソースを投下し、それ以外は手当てしないということになります。手当てされない当事者は社会から見捨てられたと感じるかもしれません。だからといって、全ての問題と当事者に薄く広くリソースを配分したら、何の成果も上げられなかったという事になることでしょう。誰に手を差し伸べるのか、ということは誰に手を差し伸べないのかということにもなるわけです。だから「決めて、断つ」になるのです。
 したがって本当の「決断」をしたら必ず誰かの恨みを買うことになります。その恨みを買う覚悟もなしに政治家を名乗ってはいけないと私は考えます。
 さて、多数の幸福のために決断をして、ある少数を切り捨てたらそれだけで良いのでしょうか。もちろんダメであることはお分かりと思います。痛みを伴う施策にはいわゆるセーフティーネットというものも用意する必要があります。
 切り捨てる対象になった方々に絶望を用意するのではなく、それまでの利益や利便を諦めてもらうにとどめ、違う道を用意することもまた政治であると言えます。

所詮は神様のヘタな真似事
 ずいぶん以前のことになりますが、京急東横線に乗って東京都内に移動していたときのことです。夕方頃だったので、沿線沿いのアパートやマンションなどの窓に灯りが滲んでいました。どの窓にもそれぞれの家庭があって、たくさんの人々が生活を営んでいるんだよな、と思いが至ったとき、同時にゾッとしましまた。
 ひとりの人生でも十分大問題なのに、それを統計の問題でも解くかのように一山いくらで政策としてまとめたり論じたりしている。本当ならそんな大それた事は神様しか出来ないのに、しかし様々な社会問題を前にしてその問題解決のために神様は降臨してくれない。だから我々不完全な人間が神様の下手くそな真似事をして、人々の生活を調整したり制御したりしようとする。下手くそだからいつも間違いだらけだ。こんなことを続けていたらいつかバチが当たるんじゃないか、と感じたわけです。
 こんな自己矛盾感を抱えながらも政治の道を続けてきたのは、自分にとって大切な人たちのために、その人たちが依存している社会を支えていかなくてはならないとの思いからです。

 大切な人たち全てを幸福にするなんて大それた事はできません。幸福追求はそれぞれの人生で行うことであり、そして私もその中のひとりの人間に過ぎないからです。しかし、それぞれの幸福を追求するための明日を担保し続けること、これは政治の力で出来るかもしれません。
 私の愛弟子がこの先どのような人生を歩むのかはわかりません。ただ、その生きていく先々での幾多の選択について、社会が原因となって希望を断つことなく、最良の選択をし続けられるよう私達の社会をより良くしていく仕事をしたい。たとえ微力であっても努めていこうと思いを新たにしました。
posted by しらいし at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政

人気ブログランキングへ