2015年02月04日

本は偉大な我が師匠 〜私の政治の原点A〜

 いわゆる「本の虫」と呼ばれるような読書家と比べれば、私の読書量は少ない方だと思いますが、それでも本なしでは生きていけないと思うほどには読書しています。
 もともと海上自衛隊での専門職種は「電子整備」でしたので、技術書などはよく読む方ですが、暇さえあれば様々な本を読みます。今まで読んだ本のうち、これを読んでいなければ今の自分はない、と思えるほどの本をいくつか紹介したいと思います。

誤りの相対性(アイザック・アシモフ)
 全17編からなる科学エッセイ集で、本書に収録されている最後のエッセイがタイトルにもなった「誤りの相対性」です。他の16編が科学の諸分野を扱っているのに対し、これだけは教育の問題を取り上げています。
 ソクラテスにはうんざりだ、という皮肉を込めた毒を吐くところから始まり、地球が平らであるとは誤りで丸いが正しいという常識に対して、地上に立って肉眼で見渡す限り、地球が平らだという理解はおおむね正しく科学的な客観性があると論じます。
 しかし、アシモフは地球が平面だと主張しているわけではありません。現実の地上は山や丘、谷や川など変化や起伏に富んでいて平面ではないのに、それらの地形をならせば平面になるのではないかという古代人の推論を指して、その時代の科学力を考えれば充分に客観性があると説いているのです。
 アシモフの論点は「正誤の相対性」です。正誤の関係は絶対的ではなく「その答えはいかに真実に近いか」という相対的な関係なのだと主張しているのです。
 そしてアシモフは学校のテストというシステムに言及します。テストでは正解以外はすべて不正解となるが、それが乱暴だと説きます。
 例えば1+1は2が正解、それ以外は不正解と評価されます。その通りと思われますがアシモフは、もし答えを2ではなく整数と答える子供がいたらどうするのか、と提起します。テストと答えというルールの中では、2と答えなさいと教えるだろう、しかし整数と答えた子の数学的センスと意欲は明らかに2と答えた子よりも優れている。整数どころか偶数と答える子が現れたらどうするのか、これは知的挑戦の萌芽ではないのかと。
 テストと答えというルールや仕組みは教師にも生徒にも便利なシステムだが、それに固執すれば知性を育むことはできない、正誤の関係は連続しており無数の「より真実に近い答え」が存在する。しかし、これに対応することは教師にとって大変な負担であることは理解するが、だからどうだというのか、教育とは困難な仕事なのだ、とアシモフは厳しく言い切ります。
 知性とは、教養とは何か。それを身につけ、または育むことはいかに困難でありしかし必要なことであるのかと、アシモフ博士に檄を飛ばされた気持ちになりました。

ローラ、叫んでごらん(リチャード ダンブロジオ)
 「ローラ、叫んでごらん フライパンで焼かれた少女の物語」というちょっと長いタイトルの実話に基づいた本です。
 主人公のローラは、両親に虐待され1歳半の時にフライパンで焼かれました。異変に気付いた警官に救出されるも、心と体に重い障害が残り、14歳になるまでしゃべることもできず生きる屍としか表現できない状態でした。
 そんなローラが、治療に当たった著者と、献身的という言葉では全く足りないくらい慈しみ尽くした沢山の修道女たちによって人生を取り戻す物語です。
 この本にはとてもショックを受けて、1週間ほど何も読めなくなりました。身動きもせず感情も表さないローラが、困難を克服して看護婦を目指すラストに「人は救えるんだ」という希望や、「一人を救うために、これほどの手を尽くさなければならないのなら、救いの手が差し伸べられないたくさんのローラがいる」という虚脱感、修道女たちのおよそ人間とは思えないほどの無償の愛など、様々な思いに苛まれました。
 私たちの社会にも、不幸や困窮に身を沈めている人々はたくさんいます。そんな人々の救済を諦めてしまえば一人も救えませんが、たとえ微力でもできる限り問題に取り組めば少しは救えるかもしれない。その困難な仕事の最前線で奮闘している「修道女」のマネさえも私にはできませんが、政治の力でサポートすることはできるかもしれない。そういう思いが私の中に生まれました。

精神の危機(ポール・ヴァレリー)
 ポール・ヴァレリーは19世紀末から20世紀前半まで活動した、フランスの作家にして詩人であり、知識人です。
 私が20才になったばかりの頃だったと思いますが、ふとしたきっかけでこの本に収められている警句を目にしました。
 曰く「平和の難解さが、戦争の残虐さを覆い隠している」というものでした。
 平和を維持する外交上のプロセスや、日常生活を維持するための様々な行政の手続きは、ともすると退屈で難解なものに感じます。そんな年月を重ねるにつれて、人々の間で戦争のロマンが色づいてきます。
 昨今の尖閣諸島を巡る問題を見ても、海上保安庁の巡視船が領海侵犯を繰り返す中国の公船を実力で排除せず、併走しながら領海外へ立ち去るように呼びかけるだけの状況に、フラストレーションを感じる人は多くいます。しかし、海保の対応は国際法に照らしても適切なものであり、武力を行使して鮮やかに排除したりすれば、一時の爽快感と引き替えに取り返しのつかない事態を引き起こします。
 84年も前に発せられたこの警句は、現在社会においてますますその価値を高めていると感じます。
 私は元自衛官として、様々な武器の威力を知っています。およそ武器というものは非人道的で破壊的なものです。ひとたび牙をむけば、人間の肉体など形もとどめないほど引き裂きすり潰すことができます。その死と破壊の場にロマンなどひとかけらもありません
 この警句は私に、安全保障に対するリアリティを植え付けました。

 この他にも紹介したい本はたくさんありますが、上に挙げたこれらの本には、まさに私の人生を決めたと言ってもいいくらいの重大な影響を受けました。
 以前、大学の教授たちと話した折りに、最近の学生は本を読まないと嘆いていました。本は人生を豊かにしてくれます。特に若い方々には1冊でも多く本を読んでいただきたいと願っています。
posted by しらいし at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113185050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ