2013年11月25日

「一票の格差」は本当に問題なのか



 今年春に札幌や広島、名古屋ほか各地の高裁で昨年末の衆議院選挙の違憲や選挙無効判決が相次ぎました。11月20日には最高裁で、これらの判決からはやや後退した「違憲状態」という判決が出て、違憲訴訟を進めていた原告団からは落胆の声も出たりしましたが、いずれにしろ合憲ではないという判断が下されたことに変わりはありません。
 最高裁判決の後、日本経済新聞が発表した世論調査でも格差の早期是正を求めている意見は59%に上ったと報じられました。

一票の格差は大都市対地方
 確かに、一票の重みが地域によって異なることは憲法に記されている「法の下の平等」に反しています。しかし、単純に議席数を人口に比例させることが国民の権利を守り自由と安全を維持し続ける手段たり得るのでしょうか。

 国政における議席配分と人口の格差は、大都市の方が価値が薄く、人口の少ない地方ほど重くなる傾向があります。これは、大都市に住む人々の意見よりも地方の意見の方が国政上重く扱われることを意味します。この格差は現在、最大で2倍を超えています。
 これだけ見ると確かに国政上の不平等が存在します。では、地方の議席を減らして大都市の議席を厚くするべきなのでしょうか。
 私は、ここに有権者の資質が問題になると考えています。当たり前のことですが、国会議員は衆参問わず、必ずどこかの地域から選出されてきます。そして、有権者は必ずしも国全体のことを考えて投票するわけではありません。それどころか、地域への利益誘導を願って投票する人々はたくさんいます。そもそも全ての国民が地元の事情を顧みず国益だけを考慮して政治に参加できるなら、選挙区は全国区のみでよく、それどころか国会そのものの必要性も薄れます。現実には、有権者の思考は地元利益優先に成らざるを得ないので、多数の選挙区と議席を用意して議会の上に国民のバラバラな意見の全体像をある程度再現しようとしているのです。

地方偏重は不合理か
 ここで考えていただきたいことは、多くの有権者は地元の表面上の姿しか見えていないという点です。例えば、東京の有権者は地方の有権者に比べて、一票の重みが低くなりますので、自分たちの意見は蔑ろにされていると感じていることでしょう。東京の方々、またそこから選出される政治家達も「東京は単独でちょっとした独立国よりも大きな経済力と人口規模がある」という意見を口にすることがあります。だから、現状の格差は地方の犠牲になっているという話になります。
 本当にそうでしょうか。様々な統計資料からは、東京は単独では数日と持たないという結論が導き出せます。地域ごとの食糧自給率で見ても東京のそれは1%程度、理屈では東京は自分たちの消費する食糧のうち自分たちで生産できる量は3日分だということになります。水もエネルギーも東京は自らの領域内では確保できていません。事故を起こした福島第一原子力発電所で生産されていた電力のユーザーの大部分は東京都民だし、民主党政権時代に迷走した群馬県の八ッ場ダムもそうです。東京は自らの手では食糧も水もエネルギーも確保できないのです。もし東京が独立国となったと想定すると、これら生きていくために不可欠な資源の確保に莫大なコストを払うことになるでしょう。生活や都市機能を維持していくための様々なコストは高騰し、都市は衰退を免れないでしょう。
 これは、東京に限らず大都市は概ねこのような状況です。大都市は地方がないと生きていけないのです。
 しかし、問題は大都市の市民はその実情をあまり理解しないところにあります。だから、過疎や不景気に苦しむ地方に対して「好き好んで地方に住んでいるのだから自己責任だ」という暴言を吐くのです。もっとも地元のことしか見えていないのは地方も同じで、大都市には国家経済におけるエンジンの役割を担っていることを忘れがちです。
 ただ、地方は大都市が無くなっても貧乏ながらにやっていけますが、大都市は地方が無くなると瞬く間に干上がってしまうという点に留意する必要があります。
 私が「一票の格差」について問題なのか、という論点を持つのはこの点からです。大都市側が自らの生存について地方に依存してる状況がある以上、ある程度の地方偏重はやむを得ないということなのです。

一票の格差是正の議論は単純じゃない
 全ての国民が、国全体のことを考えて政治を考えてくれるなら、それぞれの地元が他の地域とどのように関連しているかを熟慮して政策を論じることが出来るなら、ただちに人口に比例した議席の配分をするべきです。
 しかし現実は違います。だから、たとえ大都市の市民が地方軽視どころか無視したとしても、彼らの生存のために必要不可欠な地方が荒廃しないように、ある程度の格差は必要なのです。どの程度の格差が必要なのかという議論をせずに、拙速に格差是正を訴えることは長期的に見て大都市の不利益になることでしょう。大都市の市民達には、この点をよく考えていただきたいと思います。
posted by しらいし at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81354306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ