2015年02月04日

本は偉大な我が師匠 〜私の政治の原点A〜

 いわゆる「本の虫」と呼ばれるような読書家と比べれば、私の読書量は少ない方だと思いますが、それでも本なしでは生きていけないと思うほどには読書しています。
 もともと海上自衛隊での専門職種は「電子整備」でしたので、技術書などはよく読む方ですが、暇さえあれば様々な本を読みます。今まで読んだ本のうち、これを読んでいなければ今の自分はない、と思えるほどの本をいくつか紹介したいと思います。

誤りの相対性(アイザック・アシモフ)
 全17編からなる科学エッセイ集で、本書に収録されている最後のエッセイがタイトルにもなった「誤りの相対性」です。他の16編が科学の諸分野を扱っているのに対し、これだけは教育の問題を取り上げています。
 ソクラテスにはうんざりだ、という皮肉を込めた毒を吐くところから始まり、地球が平らであるとは誤りで丸いが正しいという常識に対して、地上に立って肉眼で見渡す限り、地球が平らだという理解はおおむね正しく科学的な客観性があると論じます。
 しかし、アシモフは地球が平面だと主張しているわけではありません。現実の地上は山や丘、谷や川など変化や起伏に富んでいて平面ではないのに、それらの地形をならせば平面になるのではないかという古代人の推論を指して、その時代の科学力を考えれば充分に客観性があると説いているのです。
 アシモフの論点は「正誤の相対性」です。正誤の関係は絶対的ではなく「その答えはいかに真実に近いか」という相対的な関係なのだと主張しているのです。
 そしてアシモフは学校のテストというシステムに言及します。テストでは正解以外はすべて不正解となるが、それが乱暴だと説きます。
 例えば1+1は2が正解、それ以外は不正解と評価されます。その通りと思われますがアシモフは、もし答えを2ではなく整数と答える子供がいたらどうするのか、と提起します。テストと答えというルールの中では、2と答えなさいと教えるだろう、しかし整数と答えた子の数学的センスと意欲は明らかに2と答えた子よりも優れている。整数どころか偶数と答える子が現れたらどうするのか、これは知的挑戦の萌芽ではないのかと。
 テストと答えというルールや仕組みは教師にも生徒にも便利なシステムだが、それに固執すれば知性を育むことはできない、正誤の関係は連続しており無数の「より真実に近い答え」が存在する。しかし、これに対応することは教師にとって大変な負担であることは理解するが、だからどうだというのか、教育とは困難な仕事なのだ、とアシモフは厳しく言い切ります。
 知性とは、教養とは何か。それを身につけ、または育むことはいかに困難でありしかし必要なことであるのかと、アシモフ博士に檄を飛ばされた気持ちになりました。

ローラ、叫んでごらん(リチャード ダンブロジオ)
 「ローラ、叫んでごらん フライパンで焼かれた少女の物語」というちょっと長いタイトルの実話に基づいた本です。
 主人公のローラは、両親に虐待され1歳半の時にフライパンで焼かれました。異変に気付いた警官に救出されるも、心と体に重い障害が残り、14歳になるまでしゃべることもできず生きる屍としか表現できない状態でした。
 そんなローラが、治療に当たった著者と、献身的という言葉では全く足りないくらい慈しみ尽くした沢山の修道女たちによって人生を取り戻す物語です。
 この本にはとてもショックを受けて、1週間ほど何も読めなくなりました。身動きもせず感情も表さないローラが、困難を克服して看護婦を目指すラストに「人は救えるんだ」という希望や、「一人を救うために、これほどの手を尽くさなければならないのなら、救いの手が差し伸べられないたくさんのローラがいる」という虚脱感、修道女たちのおよそ人間とは思えないほどの無償の愛など、様々な思いに苛まれました。
 私たちの社会にも、不幸や困窮に身を沈めている人々はたくさんいます。そんな人々の救済を諦めてしまえば一人も救えませんが、たとえ微力でもできる限り問題に取り組めば少しは救えるかもしれない。その困難な仕事の最前線で奮闘している「修道女」のマネさえも私にはできませんが、政治の力でサポートすることはできるかもしれない。そういう思いが私の中に生まれました。

精神の危機(ポール・ヴァレリー)
 ポール・ヴァレリーは19世紀末から20世紀前半まで活動した、フランスの作家にして詩人であり、知識人です。
 私が20才になったばかりの頃だったと思いますが、ふとしたきっかけでこの本に収められている警句を目にしました。
 曰く「平和の難解さが、戦争の残虐さを覆い隠している」というものでした。
 平和を維持する外交上のプロセスや、日常生活を維持するための様々な行政の手続きは、ともすると退屈で難解なものに感じます。そんな年月を重ねるにつれて、人々の間で戦争のロマンが色づいてきます。
 昨今の尖閣諸島を巡る問題を見ても、海上保安庁の巡視船が領海侵犯を繰り返す中国の公船を実力で排除せず、併走しながら領海外へ立ち去るように呼びかけるだけの状況に、フラストレーションを感じる人は多くいます。しかし、海保の対応は国際法に照らしても適切なものであり、武力を行使して鮮やかに排除したりすれば、一時の爽快感と引き替えに取り返しのつかない事態を引き起こします。
 84年も前に発せられたこの警句は、現在社会においてますますその価値を高めていると感じます。
 私は元自衛官として、様々な武器の威力を知っています。およそ武器というものは非人道的で破壊的なものです。ひとたび牙をむけば、人間の肉体など形もとどめないほど引き裂きすり潰すことができます。その死と破壊の場にロマンなどひとかけらもありません
 この警句は私に、安全保障に対するリアリティを植え付けました。

 この他にも紹介したい本はたくさんありますが、上に挙げたこれらの本には、まさに私の人生を決めたと言ってもいいくらいの重大な影響を受けました。
 以前、大学の教授たちと話した折りに、最近の学生は本を読まないと嘆いていました。本は人生を豊かにしてくれます。特に若い方々には1冊でも多く本を読んでいただきたいと願っています。
posted by しらいし at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2015年02月03日

事に臨んでは危険を顧みず 〜私の政治の原点@〜

 いろいろ思うところがありまして、私自身の政治の原点を少し整理してみたいと思います。

 私が海上自衛隊に入隊したのは昭和63年4月5日のことでした。もともと自衛隊に入隊する気はなく、なりゆきで試験を受けましたが、経済的にはあまりよい状況ではなかったため、いずれにしろ進学できるような状況ではありませんでした。
 しかし、私自身は家の経済状況を顧みたわけでも、自衛隊を積極的に目指していたわけでもなく、自衛隊函館地方連絡本部(略称・函館地連。自衛官の募集業務などを担当しています。現在は地方協力本部と改称されています)の募集担当者に手渡されたパンフレットの初任給に目がくらんで志願しました(11万少々の金額でした。浅はかですね)
 そんなわけで、たいした目的意識も無く、うっかり入隊してしまった私でしたが、最初に送り込まれた場所は、海上自衛隊横須賀教育隊というところで、第261期練習員という身分になりました。着隊から数日の間に私物は送り返され、頭は角刈りにされ、全員同じ青い作業服で不揃いな隊列を組み、入隊式の演練(自衛隊用語で練習の意)を繰り返しました。
 入隊式では、全員が声を合わせて次のような宣誓文(服務の宣誓)を読み上げます。

私は、わが国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身をきたえ、技能をみがき、政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて専心職務の遂行にあたり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえることを誓います。

 この宣誓書を初めて読んだときギョッとしたものです。事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め・・・って、これって任務のためなら死んでもかまいませんって事じゃないか、ということに気付いたからです。ヤバいところに来てしまった、と気が付いても後の祭り。宣誓し、宣誓文に署名捺印して、白石2士(2等海士の略で昔の2等兵みたいな階級)というヒヨッコ海上自衛官の一丁上がりというわけです。
 その後に続く4ヶ月半の地獄の訓練の話は次の機会に譲りますが、この宣誓については繰り返し考えることになりました。
 身の危険も顧みず遂行する任務とは何か、命を捧げて守らなければならない国家とは何か、そんな厳しい宣誓をしてまで任務を果たそうとする自衛隊とは何か、といった具合です。
 その年の8月に横須賀教育隊での練習員課程を修了し、青森県大湊の第32護衛隊「護衛艦おおい」に初任海士として配置されました。海の世界は初めて見るものばかりで、とても楽しいこともありましたが、艦の仕事はとても厳しく辛い日々でもありました。
 そんな護衛艦勤務を過ごしていたある日、海も天気も穏やかで、艦は三陸海岸の沖を北上していました。私は、たまたま甲板上に出たのですが、そのとき目に飛び込んできた三陸海岸の景色は、それはそれは荘厳で息をのむほど美しいものでした。
 しばらく見つめていて、そしてふいに気付いたことがありました。「これが自分たちの国なんだ・・・」自分が何のために危険な誓いを立てたのか、自分なりに理解した瞬間でした。この美しい国土と、そこで生まれ育って生きていく人たちを守るために自分たちがいるんだという実感でした。
 もちろん、その時はここまで明確に悟ったわけではありません。後になって振り返ればこんな感じだったということです。

 私たちは皆、故郷の風土とそこに積み重ねられた歴史や伝統に大きな影響を受けながら成長し、暮らしていきます。人はただ人のみで人となるのではなく、自らを包むあらゆるものによって自己を形成し、認識し、生きていくのです。故郷を守ることは自分を守ることになるのです。

 政治の世界とは、時に論理が通らず無理がまかり通る、権謀術数の濁った海と思えるときがあります。しかし、命を捧げる誓いを立てた身にとって、そんな政治の海など恐るるに足らず。私たちの故郷を守るために行動し、誓いを果たし続けることが私の政治家としての原点のひとつなのです。
 
posted by しらいし at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2015年01月25日

ネット社会における「ヒト」とは何か

 前回の記事から、はや6ヶ月もブログを放置してしまいました。多忙故ではありますが、いささか反省しているところです。

 2015年1月3日から5回シリーズで放送予定の、NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」という番組が、テクノロジーによって大きく変化する近未来世界をリアルに描き出していると、なかなか好評なようです。
 残念なことに、私は第1回、第2回の放送を見逃してしまい、「第3回 人間のパワーはどこまで高められるのか」から見ています。
 さて、個人的に大変気になっているのは「第4回 人生はどこまで楽しくなるのか」の内容です。番組宣伝やWebサイトによると、デジタルクローンというテクノロジーについて触れています。サイトでは「人生の記録をデータで保存し、死後、それをもとに、デジタル空間上に、意識・人格を再現しようという試み」という説明がありました。番組宣伝の映像では、死後に再生された母親が娘に「会いたかった」と語りかけるシーンがあり、なかなか印象的です。
 10数年ほど前になりますが、これと似た概念について考えたことがあります。番組を見た後では単なるパクリ話になってしまうので、放送前日に慌ててこの記事を書いていますのであしからず。

 以前、考えていたその概念というヤツですが、ヒトの五感の情報をいかにネットを通じて伝えるかという話が、出発点となります(ヒトの感覚は5つ以上あることが知られていますが、話を簡単にするためにここでは五感と表現します)。現在では色覚や聴覚について映像や音声として不完全ながらも伝えることができています。触覚や味覚、嗅覚、さらには内臓感覚や平衡感覚などもデータ化しネットを通じて伝送可能となった未来社会ではどのようなことが起きるでしょうか。
 ヒトの様々な感覚を伝送でき、同時にヒトと同様な運動が可能なロボットが実用化されていれば、遠隔医療や危険作業に威力を発揮することでしょう。この場合、ロボットの方は全身である必要はなく、腕や目、耳、感覚器としての皮膚などが部分的に実現できていればよく、高コストでも実用化を急ぐ価値があるため、技術的にメドが付けば比較的早期に出現するのではないかと思います。
 ある程度コスト度外視で実用化が進めば、小型化や低コスト化し、自立歩行が可能なヒューマノイド(人間型ロボット)が出現し、これをコントロールできるようになるでしょう。コントロールに際して、そのヒューマノイドの受ける様々な「感覚」を自分の身体でダイレクトに受け取れるわけですから、コントロールしているというより自分の分身と呼べるものになるでしょう。
 こうして「もうひとつの身体」を手に入れることができるようになると、次には軍事利用されることでしょう。死を恐れない兵士ほど敵に回して厄介な相手はいませんから、命を危険にさらすことなく作戦行動をとれる「もうひとつの身体」は、まさに理想的な兵士であり、また高度で特殊な戦闘技術を持つ優秀な兵士を、消耗することなく戦地に送り出し続けることができるとなれば、軍の人員そのものを減らすことができるため、コスト削減にもつながる一挙両得なテクノロジーといえます。
 軍事利用により、量産化による低コスト化が進めば、それまで導入できなかった分野でも「もうひとつの身体」を購入し、利用するようになるでしょう。
 看護や介護の分野のみならず、受付や飲食店などの接客をともなうサービス業、様々な肉体労働、ついには自分自身の付き合いや娯楽、スキンシップやセックスまでも「もうひとつの身体」でこなすようになるかもしれません。

 ここまでで、少し立ち止まって考えてみましょう。「もうひとつの身体」をコントロールするために、その身体の五感をネットを通して受け取り、そして「もうひとつの身体」をネットを通じて動かすわけですから、ヒトの生きていくために必要な感覚と行動の全てがデータ化されてネットを行き来することになります。好むと好まざるとにかかわらず、データに変換できない物理的な肉体そのものを除いた、情報としてのヒトの全てをデータ化しネットに載せることになるのです。ネットを介して複数の身体を持つ未来の社会では、感覚や記憶、自ら発する言葉や行動のデータ、人格の断片と行ってもよいそれらのデータを記録し拡散させる社会となることでしょう。
 そのような社会で、人格の編集と再利用が行われるのは時間の問題です。
 ネットと「もうひとつの身体」によって時間と空間の制約から逃れた人々にとって、社会を構成する個人とは、記憶や知識や経験などの情報が集積されネット上で自律的に活動する情報の集積体としての側面が強くなり、それがデジタルデータの集まりである以上、複製や編集、再利用することは容易になります。
 ネット上に無数のデータ化された人格の断片が存在しているのに、つまらなルーチンワークのようなことや危険をともなうローテクな作業、公然と行えない不法な行いを、わざわざオリジナルの人格に人件費を支払って依頼することは不経済であるという考えに至るだろうことは容易に想像が付きます。
 誰かが、その辺に行き交う人格の断片をコピーして組み合わせ、模造の人格を安価に創り出そうと試みる可能性は十分にあるのです。

 そもそも、ITが出現する前から、人格のデータ化は進行してきました。ヒトは孤独であり、かつ孤独ではいられない生物です。生きていくために他者を必要とし、相互理解を得ようとします。しかし、互いの意識を共有したり融合したりすることはできません。そのために表情や身振り手振り、ふれ合い、そして言葉を発達させて互いの意思を確認し合おうとしてきました。やがて言葉は文字を生み出し、粘土板や木片、パピルス、羊皮紙、紙など記録するための媒体を発達させることにより、時間と空間を超えて意思を伝えたり記録できるようになりました。
 紙の上に書かれた文字には、肌のぬくもりや柔らかさ、息づかいや表情もありません。その代わり、声も届かない距離と時間を隔てて自らの意思をある程度伝えることができる。受け取る相手にとって、その紙と文字は肉体から切り離された人格の一部となるのです。
 そして、時間と空間を超えるということは、人格の源泉である肉体の生死と、情報としての人格の存在に時間差が生まれるということなのです。仮に、手紙を出した後すぐにその人が死んだとしても、それを受け取る方にとっては、生死を知らされない限りまだ生きていると感じて、手紙を読むことでしょう。物理的な肉体の死と、社会を構成する人格の死が同期しなくなるのです。
 この傾向は、将来のネット社会にとってますます顕著になると考えられます。五感が行き交い記録されるネットにおいては、元の肉体が消滅してもなおネット上に莫大な量の個人の情報が残され循環すれば、肉体の死と情報体としての死は、もはや切り離されてしまうかもしれません。

 人間とは何か、私達は何者で、どこから来て、どこへ行くのか。
 哲学で長きにわたり議論され、どれほど語り尽くそうとも結論の見えない命題ですが、人格が肉体を必要とせず、データ化することが可能になるかもしれない未来のネット社会が到来したとき、私達全てに否応なしに突きつけられることなるだろうと考えています。
posted by しらいし at 02:32| Comment(1) | TrackBack(0) | IT

2014年06月23日

政治の力を過信してはいけない

 先日、私のことを師匠と呼んで慕ってくれている若い女性から、結婚しますとの報告をいただきました。私にとって大変感慨深いその知らせに、市役所での会議中にも思い出してはついニヤニヤしてしまいました。何がともあれ、人の幸せに触れて暖かい気持ちになれる、それを祝福できるということはとてもありがたいことです。
 以前、その彼女に「政治の役割と人々の幸福実現」についての関係を話したことがありましたが、いい機会ですのでこの点についての私の理念をお話ししたいと思います。

政治の力で人々を幸せにするという幻想
 見出しの通り、政治の力で人々を幸福にするなどという考えは幻想であり、おこがましいものである、と私は考えています。しかし、こう言ってはいささか失礼な表現になりますが、真面目で真剣に政治に取り組んでいる政治家の方々には、この幻想にとりつかれている方が多いと見受けられます(実際、これを話した何人かには怒られました)
 私の考える政治の役割は主に調整と決断です。まずは調整という考え方から説明します。

愛と調整と文化の力
 まず、人々を幸せにする力とは何でしょうか。「愛」の力だ、と言う方も多いと思います。かのマーガレット・サッチャーも、あるインタビューで自身の政治にとって何が最も大切な要素かと聞かれて「愛だ」と即答していました。
 しかしこの愛という力は実に力強く根源的なものであり、そして個人に直接作用する力でもあるため、そのままでは暴走したり衝突する危険を孕んでいます。
 禅問答のようになりますが、隣人を愛する心が平和を創り出すと同時に戦争も生み出します。なぜでしょう。
 例えば、愛する人が他人との利害の衝突の末に傷つけられたり失ったりした場合、その悲劇の向こう側の当事者に対して敵愾心が生まれ報復を求めるようになるかもしれません。そしてその報復を果たした時、それによって傷つけられた相手にもまた、その人を愛する誰かがいて報復を誓うかもしれません。
 多くの場合、愛する心が強いほどそれが及ぶ範囲は狭くなり、その心と心が何らかの形で衝突してしまった場合、報復合戦になる危険があります。
 ひとりの愛の心が世界の隅々まで届くなら、遍く人々に分け隔てなく愛を注げるなら、そしてそんな心を持つ人々で世界を満たせるならば、世界に平和が訪れるかもしれません。
 しかし、そんな偉大な聖人は渚の砂の一粒くらいしかいないように思われます。私たち人間の大部分は、手の届く範囲しか愛せない小さな世界の住人なのです。
 だからこそ、人々の利害が衝突したときには引き離して冷静にさせなければならないのです。そして、ただ引き離すだけでは解決しません。衝突した双方になんとか受け入れてもらえる案を提示し、引き合わせる必要があります。これが調整です。
 調整の結果、衝突していた双方は冷静さを取り戻し、とりあえずの争いはなくなったとしても、その双方に笑顔を取り戻すには足りません。争ってはいないが、よそよそしい見知らぬ他人同士になっただけです。
 人々に笑顔を取り戻すために最後に必要になるものは「文化の力」です。美味しい食べ物や飲み物でもいいですし、楽しい音楽や映像、踊りの賑わいでもよいでしょう。人々を楽しませ和やかに出来るものは政治ではなく、文化や芸術に類する力なのです。
 政治家諸兄には「私たち政治家は、最後の切り札だけは持っていない」ということを理解してもらいたいと考えています。

決断のという言葉の重み
 当事者が2者しかいなければ、双方をすっきりと和解させることも可能かもしれませんが、当事者が多数で利害の対立が複雑なものになった場合、全ての当事者を納得させることはできなくなります。しかし、とり得る選択肢が限られいる場合には多数の幸福のために少数の不幸を選択しなければならなくなることでしょう。この少数を切り捨てることが決断です。
 決断、というと物事を明快に決めて行動すること、のように思う方が多いと思いますが、それは決断という熟語の「決」の部分だけです。決断とは「決めて、断つ」つまり何かを切り捨てて前進するということなのです。
 少子高齢化という問題を例に考えてみましょう。この社会問題の当事者は、一方が子育て世代の家庭(予定者も含みます)であり、もう一方はご老人方です。この両者に対して潤沢な予算と人員(リソース)があるなら、それぞれについて必要な施策を行えばよいですが、現実のリソースは限られています。結果としてどこかに重点を置いてリソースを投下し、それ以外は手当てしないということになります。手当てされない当事者は社会から見捨てられたと感じるかもしれません。だからといって、全ての問題と当事者に薄く広くリソースを配分したら、何の成果も上げられなかったという事になることでしょう。誰に手を差し伸べるのか、ということは誰に手を差し伸べないのかということにもなるわけです。だから「決めて、断つ」になるのです。
 したがって本当の「決断」をしたら必ず誰かの恨みを買うことになります。その恨みを買う覚悟もなしに政治家を名乗ってはいけないと私は考えます。
 さて、多数の幸福のために決断をして、ある少数を切り捨てたらそれだけで良いのでしょうか。もちろんダメであることはお分かりと思います。痛みを伴う施策にはいわゆるセーフティーネットというものも用意する必要があります。
 切り捨てる対象になった方々に絶望を用意するのではなく、それまでの利益や利便を諦めてもらうにとどめ、違う道を用意することもまた政治であると言えます。

所詮は神様のヘタな真似事
 ずいぶん以前のことになりますが、京急東横線に乗って東京都内に移動していたときのことです。夕方頃だったので、沿線沿いのアパートやマンションなどの窓に灯りが滲んでいました。どの窓にもそれぞれの家庭があって、たくさんの人々が生活を営んでいるんだよな、と思いが至ったとき、同時にゾッとしましまた。
 ひとりの人生でも十分大問題なのに、それを統計の問題でも解くかのように一山いくらで政策としてまとめたり論じたりしている。本当ならそんな大それた事は神様しか出来ないのに、しかし様々な社会問題を前にしてその問題解決のために神様は降臨してくれない。だから我々不完全な人間が神様の下手くそな真似事をして、人々の生活を調整したり制御したりしようとする。下手くそだからいつも間違いだらけだ。こんなことを続けていたらいつかバチが当たるんじゃないか、と感じたわけです。
 こんな自己矛盾感を抱えながらも政治の道を続けてきたのは、自分にとって大切な人たちのために、その人たちが依存している社会を支えていかなくてはならないとの思いからです。

 大切な人たち全てを幸福にするなんて大それた事はできません。幸福追求はそれぞれの人生で行うことであり、そして私もその中のひとりの人間に過ぎないからです。しかし、それぞれの幸福を追求するための明日を担保し続けること、これは政治の力で出来るかもしれません。
 私の愛弟子がこの先どのような人生を歩むのかはわかりません。ただ、その生きていく先々での幾多の選択について、社会が原因となって希望を断つことなく、最良の選択をし続けられるよう私達の社会をより良くしていく仕事をしたい。たとえ微力であっても努めていこうと思いを新たにしました。
posted by しらいし at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・行政

人気ブログランキングへ